極ギャザクラメンターへの道

ねここでっす。

最近、FCの仲間たちはオメガノーマル行ったり極蛮神に挑んだり零式で潰れたり、と、バトルコンテンツを満喫しているようです。
かくいうわたしは、あまりバトルのエンドコンテンツには行かないのですが、アクポリいったり、ウズネアカナルいったりと、まったりした金策生活を送っています。
 
 
....うん、ギャザクラメンターっぽいことをあまりしていないような気がする!
これはいけない!

 
 
 
という思いがあったかどうかは、さておき。
ギャザクラのエンドコンテンツに挑んでみようと考えました。
半年以上前の前回記事でメンターになれたという話をしましたので、つぎは極メンターを目指してみたいと思います。
あ、極メンターというのは造語ですよ、もちろんw

Lodestoneにも記事を書いて[ その1 ]、[ その2 ]、いろいろ条件を考えていたんですが、最終的にはアチーブメントコンプじゃなかろうか、というところに落ち着きました。
ギャザクラ系のアチーブメントをピックアップして、時間かかっても極力すべて取りに行く。その過程の中で、全クラフトアイテムのHQ品作成と、漁師の魚類辞典コンプもやる。
そして、やってる最中に気づいたことはどんどん記事にしていく。メンターっぽく!

ここまでがっつりやる人は、たぶんエオルゼア内でも指折り数えるほどしかいないと思うので、ギャザクラの変態メンターらしく邁進していこうと思います!

目標は....パッチ5.0が来るまでに、ですかねぇw

詳細ページも作っていますので、ちょくちょく更新して0.1%刻みの進捗をお披露目していきますw
[ ひとりギャザクラエンドコンテンツ企画「極ギャザクラメンターへの道」 ]

メンターになれました

ねここでっす。

このたび、ギャザクラ側のほうですが、無事メンターになる条件を満たしたので、メンター申請をしてきました!

ギャザクラでメンターになるには、

  • いずれかのクラフタークラスでLv60になる
  • いずれかのギャザラークラスでLv60になる
  • アチーブメント「蒐集品の製作者:ランク1」を達成する(蒐集品を100回製作する)。
  • アチーブメント「蒐集品の採集者:ランク1」を達成する(蒐集品を300回採集する)。

の4条件を満たす必要があります。

ギャザクラLv60はすでに満たしていたんですが、ふとアチーブメントを見ていると、製作が残り15回、採集が残り70回ぐらいだったので、勢いで達成してきましたw

「なんでわざわざメンターに?」と思われる人もいるかとは思うんですが、わたしのプレイ方針として「新しく始めた人をサポートしてあげたい」ということがあったりします。

その想いをFCでも共有して、若葉さんを優先して勧誘してみたりとか。

もちろんメンターにならなくても支援はできるんですが、これはある種の意思表示なんですよね。メンターのアイコン表示して、いっぱいサポートしますよ、と。ダンジョンだけでなく、エオルゼアのいろんなことで困ってる人を助けたいと思っています。

逆にメンタールーレットのクリア回数アチーブメントはさほど気にしてないです。アストロペホイッスルとか興味がないわけではないですが、メンタールーレット2000回とかキツイw メンターボーナスの発生回数、とかでもよかったんじゃ(それでもキツイけどもw)

あとアイコンですが、王冠もカッコよくて悪くないですが、若葉(初心者アイコン)や花(復帰者アイコン)をサポートする的な意味で、ジョウロのほうがそれっぽいアイコンだったような気がしますね!

ということで、これからはギャザクラメンターのアイコンをつけて活動していきますので、Fenrirで見かけましたら気軽に声掛けてくださいね。

Posted from SLPRO X for iPhone.

ダン・スカー撮影旅行に参加してきた

ねここです。

先日、Fenrirサーバーで開催された「ダン・スカー撮影旅行イベント」。SS勢として、満を辞して参加してきました٩( 'ω' )و

主催のみけさんが精力的に周知活動を展開していたのもあり、しっかりと24人集まりました。やったね!

道中は1ボスのデスゲイズに華麗な吹き飛ばされたり、スカアハたんに可愛がられたり、ディアボロスさんに蹂躙されたりしながら、ワーキャーと盛り上がり、常に暖かな雰囲気に包まれた、とてもイイ!ツアーでした٩( 'ω' )و

ま、まだリハーサルやし!

ボスを倒しては撮影会、道中もあらゆるところを見て回り、いろんな発見をし、ついにはボス戦中にも撮影したりw

コンテンツ制限時間をフルに使った贅沢な体験でした。

では、大量の写真をどうぞw

わたしもいずれこういったアライアンスツアーをやってみたいなという思いはあるんですが、まだアライアンスパーティを結成した状態でのコンテンツ突入というのを体験したことがなかったので、運営面を含め、とても勉強になりました!

主催のみけさん、参加されたみなさん!

素敵な体験、ありがとうございましたー。

Posted from SLPRO X for iPhone.

愛を表現する

ねここです。

純愛を貫いたとされるアラベル・ド・ヴァレンティオンを祝うイベントが始まりましたね。

雨降りしきる中、ミィ・ケット野外音楽堂は、愛のおこぼれにありつきたい冒険者たちで賑わっておりました。

クエスト内容はシンプルで、形のない愛を表現できるようになろうというもの。

イシュガルドから毎年この時期にやってくるヴァレンディオンさんに話を聞くと、ヴァレンティオン家に代々伝わる「愛を表現する」方法を伝授してあげたいと言います。

講師のオルトファンスさんに教えてもらいに行くと、まずはやってみせるから、真似してみろといいます。

オルトファンス「うーん、形はきれいで、かわいいけど、心がみえないね!」

かわいいなら、いいんじゃないかな。

オルトファンス「できるまで付き合うから、何度でもやろう!」

そうして、雨降りしきる中、特訓が始まります。

「恥ずかしかってるんじゃないの!」

「もっと心を見せて!」

「か、かわいいでゆるされると思ったら大間違い! 想いを込めろ!」

かわいいならいいんじゃないかな。

そして、特訓の結果、

ついに、想いを形にするコツを掴めました。

この記事を見に来てくださった、すべての方に。

From Necoko with love

魔科学周回ツアーに行ってきた

ねここです。

ログインして、今日はなにしよっかなーと考えていると、参加しているリンクシェルでこんな会話が流れてました。

「伝承集めで魔科学4周ってPT募集あるぞwwww」

「うは、まじかwww」

魔科学研究所。

アジス・ラー旗艦島にあり、ドラゴン族を封じる「拘束具」の開発などを行っていた、古代アラグの叡智が詰まった研究施設。

その現代では失われた知識に触れるたび、アラガントームストーンという形になり、時を超えて伝承される、、、、のかどうかは知りませんがw

パーティ募集を覗いてみると、募集主はわたしが主宰しているリンクシェルに参加してくれているララフェルさんでした。

しかも、ヒーラー枠だけが空いている状態。

これはブッこむしかない!

ということで、魔科学周回ツアーに参加してきました。

魔科学研究所(に限った話でもないけど)は、効率優先で周回すると、敵グループ引っ張り、ふたつまとめてしまってから制圧していくスタイルになるんですが、タンクのHPの削られっぷりがすごいので、ヒーラーは大忙しです。

何体が引き連れて戦闘場所に到着

戦闘開始と同時にディバインシール>リジェネ

ケアル ケアル ケアル ケアル (リジェネ切れる)ケアル ケアルラケアルラケアルラ_(:3 」∠)_

みたいなことになりますw わたしの精神がコッパミジンだ!

なんとかこれで凌いではいるのですが、もっといいスペル回しがあれば教えてほしい。

2ボスのハルマキスまで辿り着けば、あとは雑魚ラッシュもないので楽になるんですけどね。毎回、ここまででだいぶ疲れてますw

1周およそ25分。それを4周で計100分。

さすがに4周目は結構疲れてまして。

一番最初のラッシュでタンクを落としてしまい、スタート2分でまさかの全滅_(:3 」∠)_

周回して疲れが溜まってくると瞬間的な判断力は劇的に低下しますねw

わたしは一度に3周が限界だとわかりましたw

4周で伝承600を獲得。

ぐったり疲れましたが、これだけがっつりとID回るのも最近なかったので、妙に充実感に満ちてる感じはします。

おかげで、こんな時間に眠れなくて、お布団の上でこれを書いてるんですけどね_:(´ཀ`」 ∠):

Posted from SLPRO X for iPhone.

クラフターのNecoko

Necokoでっす。

わたしは生産にもチカラを入れています。

採集の話の時にも書きましたが、いつかはNecokoブランドの商品を自前で生産し、販売したいと思っています。

いまはまだ自分が本当に作りたいものを模索している段階ですけど。

あと、アパルトメントに自分の部屋を持っているのですが、ここをかっこいい書斎にしたいな、という計画を立ててがんばってます。

結構迷走してて、書斎から離れつつありますが_(:3 」∠)_

裁縫、木工、錬金術はギルドマスターから独立の許可をもらえました。

いまは革細工ギルドのマスター、ゲヴァさんの元で修行しています。

ゲヴァさんは仕事にとても厳しい人ですが、実はプライベートでは非常に優しいひt、、、

いや、ゴメンナサイ、なんでもないのです。

まだまだ道半ばなんですが、例えば革細工で学ぶ技術や知識は、裁縫や木工で活かすこともできるので、これからも貪欲にいろいろ学んでいきたいと思います。

----------------

ねここです。

ギャザラー(採掘師、園芸師)は無事に60になりました。ボチボチ青貨道具も揃えていってます。

さて、そんなギャザラーを頑張っているのは、できるだけ(時間がかかっても)安価にクラフトをするためです。

このエオルゼアにあるアイテムの多くはプレイヤーが生産可能なもので、クラフターたちはそれぞれに作りたいものを(もしくは作らないといけないものを仕方なく)生産しているわけです。

わたしもそのクラフトシステムが好きで、いろいろなものを作ったり、作りたいと思ったりしています。

とくに家具類はクラフトでしか入手できないものが多くあり、クラフトの中でもひとつのコンテンツとして成立している、と思ってますね。

そんな家具作りの中で、いま自分的エンドコンテンツとして、

(ほぼ)完全に自給自足でオーケストリオン作り

に挑んでいます。

材料の調達から生産までマーケットを使わず、自前で調達し自前で組み立てる、そんな計画です。

実現のためには採掘と園芸のレベルを60近くまで上げ、木工師の秘伝書をすべて入手、錬金術師の秘伝書も3巻まで手に入れ、彫金師も50近くまでは上げないといけなく、なかなかいい目標になってます。

この過程はLodestoneで連載してるんですが、リライトしてこちらでも書こうかなと思ってます。

クラフターNecokoちゃんの活躍にご期待ください٩( 'ω' )و

Posted from SLPRO X for iPhone.

ギャザラーのNecoko

Necokoでっす。

最近は採掘と園芸をとても頑張ってます。

将来自分で商売するとして、ただ仕入れて売るだけではなく、自分たちで生産してNecokoブランドとして販売、さらにいえば自前で材料調達もできれば、利益を増やす選択肢も増えるんじゃないかな。そう考えました。

木工家具を作るのであれば当然木材は必要ですし、頑丈な防具や強力な武器を作るには、金属材がたくさん必要になります。

それを全て仕入れで賄うと、結構なコストななるんですよね。自分で撮ったほうが割りにあうのであれば、そこは手間暇を惜しんではいけないのでっす。

...と、タタルさんに教えてもらいました(*´ω`*)

彼女はすごくしっかりしてるので大好きですね。見習うところも多くて、すごく尊敬してるのです。

----------------

ねここです。

こんな感じでNecokoちゃん視点の語りもいれていこうと思います。

ここしばらくはずっとギャザラー修業中ですね。

採れる素材は極力自前で調達したほうが安く上がるし、いさとなれば素材をそのまま売ることもできますしね。

現在、採掘59、園芸57(釣りはのんびりですw)

蒐集品の納品メインであげていってるので、カンストは間も無く、の予定です。予定は未定。

蒐集品採集の基本とか、そういうのもまとめて記事にしていきたいと思ってます。スキル回しはまだまだ迷いながらですが。

あと、装備揃えるのも楽しいですね。

だいぶ頑張ってルキス装備とか揃えましたし!

そのあたりも思い出話とか、できたらいいな。

Posted from SLPRO X for iPhone.